ガラスクリーニング なるほどQ&A

どうして汚れが取れなくなるの?
水分中の酸と粉塵中の酸が、ガラスの成分に溶けむのです。
酸性雨や水道水に含まれる酸が、空気中の粉塵と混ざりながら、ガラス表面の成分を溶かし、ガラス自体に汚れが溶込むので普通に洗っても、取れなくなるのです。

自分でするのと何が違うの?
特殊研磨剤とプロ用研磨機でガラスを磨きます。
プロはムラ無く、細部までガラス表面を特殊研磨剤で研磨します。
ご自分でされる場合は、フッ酸の入ったクリーナーは使用しないで下さい。
フッ酸がガラス表面を溶かし、2度と元通りに戻りません、又、人体にも有害です。

細かい表面キズも取れるんですか?
キズ自体は取ることができません。
ガラスの表面キズを取るには、キズ取り作業がありますが、ボディーと違いガラス表面を削り取ってしまうので、キズを取った部分だけがゆがんで見えるので、かえって安全運転に支障をきたします。
どうしてもキズが気になるなら、ガラス交換が一番良い方法です。

クリーニングの後、油膜は付かないんですか?
油膜を付かなくするには、撥水コートを合わせてすることをお奨めします。
別料金になりますが、クリーニングと同時に撥水コートすれば、ガラス表面に撥水被膜を作り、汚れが落ちやすくなります。

自分で油膜を取る方法は?
ムラタ自動車ガラスお奨めの「水あかキラーS」が最適です。
ガラスプロ用品のページで紹介している、「水あかキラーS」は、使用法も簡単でお奨めの商品です。